aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

イギリスセラピー留学を経て、豪華客船で働く船上セラピストへ。海外生活の話や旅日記、美容情報などを綴ってます。百聞は一見に如かず!

英語で言える?体のパーツ

以前こちらの記事でおすすめさせていただいた、

バイリンガールのちかさん☆

 

wellwalk.hatenablog.com

 

というかおすすめするも何も、私とは天と地の差なのですが・・・(笑)

 

 

セラピストとして、英語であ~これ何て言うんだっけ?

となってしまう体のパーツについてとっても便利な動画をシェアしてくださっていたのでこちらにリンクを貼らせていただきます。

 

 


夫に英語テスト!意外と知らない体のパーツ☆〔#697〕

 

 

海外で働く前にみたかったなぁ~この動画!

 

私はずっとお尻を何と言うのかどうもわからず、hipじゃないの?みんなassって言ってるからassかな?と日本語ではとても言わない言い方でお尻を言っていたときがありました(笑)。マネージャーに「あなたがassって言うとすごい似合わない」と笑われました。

 

日本語と英語って、直訳できない言い回しとかも多くて混乱します。

 

ちかさんの動画は本当に役に立つなぁ~♪

 

セラピストとしても永久保存版です。

ありがとうございます!

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

マデイラ島の名物トボガンを体験!

世界一周シリーズのつづきです。

 

ついに、ラスト!!!

全ての記事を書き終わるまでかなり時間がかかってしまいましたが、最後までお付き合いいただいた方、ありがとうございます。

 

 

 

最後の寄港地は、私の大好きな場所のひとつでもある、

 

Funchal, Madeira Island, Portugal

 

ポルトガルのマデイラ島 です!

 

 

 

以前こちらの記事にも書きました↓

wellwalk.hatenablog.com

 

 

また戻ってくることができて本当に嬉しかった。

 

マデイラ島はヨーロッパクルーズでも人気の寄港地です♪

カナリア諸島クルーズと一緒に組み合わせてよく販売されています。

 

 

カナリア諸島についてはこちらをどうぞ↓

wellwalk.hatenablog.com

 

 

 

実は、この世界一周の旅程でマデイラ島に寄港したときに私は下船しませんでした。

本当は降りたくて降りたくて仕方なかったけれど、原因不明の風邪に悩まされていたので、諦めて船でおとなしくしていました・・・。悔しい!

 

 

でも!その後もう一度立ち寄るチャンスがあり、とっても面白いアクティビティができたのでその思い出をここに記したいと思います。

 

 

まずはケーブルカーに乗って、丘の上へ。

眺めが最高です!!!

 

 

f:id:wellwalk:20160518184241j:plain

 

 

私の働いていた船も遠くに見えます♪

 

 

丘の上を少し散策したら、メインイベント!

トボガンという木製の乗り物に乗って、一気に駆け下りていきます!!!

 

 

動画はインスタに載せました↓

 

 

This is amazing you must try when you go to Madeira. #Madeira #Portugal #basketsledride #amazing #travel #cruise #shiplife #seetheworld #マデイラ #マデイラ島 #ポルトガル #海外 #旅行 #クルーズ #シップライフ

 

 

「トボガン」とは山の多い地形のマデイラ島で生まれた交通手段で、人が2人から3人入れる木製の籠に、また木製のそりをつけたような面白い乗り物です。

 

当時は家の主人が、奥さんまたは娘さんなどを、丘の下の町まで送る手段として使われていたもので、主人はそのトボガンを引っ張って坂を滑らせると、自らもそのそりに乗り、数あるカーブを自分の足だけでブレーキをかけつつ、巧みに切り抜けて町まで送ります。

そんな当時の交通手段の一つだったトボガンが、今は観光用の乗り物としてお楽しみいただけます。トボガンは現在2人の男性によって引かれ、マデイラ島モンテの丘をすべり降ります。約10分間の体験となりますが、うまくドリフト走行などをしながらカーブを切り抜けていくテクニックや、ところどころで見られるフンシャルの景色、路地に咲く花々など、楽しみはいろいろ。そりから伝わる振動とスピードで、迫力満点(安全性もピカイチです)

 

 こちらから引用させていただきました↓

マデイラ名物トボガン(ポルトガル) | ユーラシア旅行社ツアー添乗員ブログ「添乗見聞録」 | ユーラシア旅行社

 

 

本当にこの通りで、乗る前はドキドキワクワク、乗っている間は笑いが止まらないほど楽しくて、終わった後は興奮冷めやらぬ、もう一度乗りたい!状態。

 

So much fun!!!!!!

 

 

 

このように始まり・・・

f:id:wellwalk:20160518193236j:plain

 

 

 

このような道を滑り下りていきます!

f:id:wellwalk:20160518193612j:plain

 

 

しかも、電動でなくて人に押してもらいながらという、他で体験したことのないようなアトラクションでした。

 

いい大人がみんな楽しんでます♪♪笑

 

しかも、押してくれるお兄さんたちがみんなイケメンです!笑

 

 

この乗り物に乗るにはもちろん順番に並ぶのですが、何台かあって、少し間をあけて一気に下りて行きます。そしてしばらく待ちます。

するとさっき下りて行ったお兄さんとおじさまたちが、一斉に乗り物を引いて戻ってきます。そしてまた次のグループが次々と案内され、順番に下りていきます。

 

車で運んでくるとかじゃなくて、みんな引いて上がってくるのかな?と衝撃的でした。

 

どのように回しているのかは謎ですが、とてもフィジカルなお仕事だと思いました。

 

とっても楽しいひとときをありがとうございます☆

今でも忘れられない、シップライフの中でもベスト10に入る思い出です!

 

 

 

ランチはクルーが大好きな、Stake on the Stone!

 

f:id:wellwalk:20160518213201j:plain

 

 

 

テラスで気持ち良い風に吹かれながら食べるステーキ、最高でした☆

 

f:id:wellwalk:20160518203835j:plain

 

 

 

世界一周・・・色んな大陸、色んな国、色んな街を見れて、色んな人に出会い、色んな生活を知り、また一つ私の経験を増やしてくれました。

 

良く考えたら、仕事だけど20代で世界一周をした人ってあまりいない。

10代の頃からの夢だった世界一周の夢を、こんな早く叶えられるなんて!

 

仕事に不満はつきものだけど、オフの日にこんな充実した日々を送れる仕事、働きながらも美しい海や夕焼けが見れる日々、世界中の人々と知り合い、話すことができることってなかなかない。

 

サウサンプトンに戻ってきたときの充実感、安堵感、そしてその後始まるヨーロッパ、地中海クルーズへのわくわく感は今でもはっきり覚えてる。

 

そのとき、中高の学生時代に描いていた「人生」って本当にちっぽけで狭くて、世界はもっと広いんだよってそのとき誰か教えてほしかったってふと思ったのも覚えてる(笑)。

 

狭いようで広い日本も美しいところはたくさんある、だけど日本語だけの情報は狭い。

世界は広い。宇宙はもっと広い!

 

 

というわけで、以上で世界一周クルーズ回顧録を終わります。

 

(2年前の2016年5月7日、ちょうどこのマデイラ島にいました。2年もかかってしまいましたが同じ日に書けてよかったです☆)

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

もらう もらわない

セラピストとして働いていると、

 

「あ〜すごい疲れた。今のお客様から悪い気もらっちゃったかも…」

 

「なんか急に元気になった!お客様からパワーもらったのかな?」

 

などなど、

 

良い悪いに関わらず、

 

「気」をもらうもらわない

 

という話をすることがたまにあります。

 

これは全然霊感とかがなくても、スピリチュアル的なのはちょっと…という人でもなんかわかるかも!という根拠のないなんとなくの話かもしれません。

 

 

私も実際、霊感はないし、占いもあまり信じない、レイキなどスピリチュアルなものは正直苦手です。

 

お客様に、「あなた何かパワーを感じるわ、レイキやった方がいいわよ!」と勧められたことが何度かありますが、調子に乗らず、やはり興味ないかな、今の私のやりたいことではないかな、などと直感的に思ってます。

 

まぁそういうものには興味がない!とよく知らないで決めつけてしまっているところもありますが…

 

 

でも、悪い気をもらってしまったと思われるときは急に身体がずーんと重たく、なんとも言えない嫌な気分になります。急にくるんです。

 

そして、良い気を持っているであろうお客様のトリートメント後はポジティブにいられ、楽しく過ごせます。また、急にハイテンションになったり、パワーが有り余っていたりとか、色々と良い影響をもらえる気がします。

 

厄介なのは、良いときは気付かないのに、悪い気をもらったときだけ気付く、なんてこともセラピストあるあるだと思います。

 

同じお客様でも、ものすごく元気なときと、なんだか今日は静かだな、疲れているのかな、というときで、トリートメント後のこちらの気分も変わったりすることも。

 

 

また、気をもらいやすい人と、割と跳ね返せる人といるようです。

 

私はどちらかというと後者。

よっぽどのことがない限り、急に異様な疲れやだるさ、気持ち悪くなるなどそんな症状は滅多にありません。

 

特に大きなストレスや悩みを抱えているわけでもなく、霊感がないからだと思っています。

 

逆にもらいやすい人は、セラピストという職業を長く続けることが難しいかもしれません。

 

あとは、自分が少し弱っていたりするときに重なってしまうと、もらいやすいということもあります。

 

セラピストという職業は、お客様のお肌、お身体に直で触らせていただくお仕事。

 

気の交換をしている、ともいいます。

 

なので、元気のないお客様に、私のトリートメントを受けて元気になっていただきたいです✨

 

そして、お客様の良い気はどんどん吸いたいというか、シェアしていただきたいですね!(笑)

 

吸い取るというか、おすそ分け(笑)。図々しい・・・?

 

 少しスピリチュアルなお話でした。

 

 

**********************************************************************************************

 ♡follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

 

 

 

 

1年前の決意から・・・

2017年1月に決意表明し、去年の目標のひとつに掲げていたこちら、

『セラピスト検定合格キット』

 

wellwalk.hatenablog.com

 

 

年をまたいでしまいましたが無事に合格できました☆

 

 

最初は少しずつ、丁寧に勉強していたのですが、やはり途中少し間が空いてしまいました(笑)。

 

明日やろう、明日やろう、と先延ばしにしてしまうやつです。

 

でもやり始めてから一年後に期限が切れてしまう、という期限付きのものだったので、最後焦って毎日勉強しました!ギリギリセーフ。

 

駆け足でやっても忘れてしまうので、必死でノートに書き留め、腱鞘炎になりそうになりながらもなんとか少しでも記憶に、記録に残るように工夫してやったつもりです。

 

それでも経絡・経穴など難しい内容もあり、これだけではさっぱり!というコースも・・・。まぁ難しい内容なので当たり前なんですが。いつか勉強してみたい、と思っていた私にはちょうど良く、入口というか、良いきっかけになりました。

 

個人的には、アロマセラピーリフレクソロジーは学校で勉強したので復習という部分が多かったのですが、イギリスにいたので気になっていた、クラシックバッチについてもこれを機に触れることができ、とても為になりました。

大好きなアネルズあづささんのアロマセラピーで最初から興奮(笑)!

 

漢方とマクロビ女性ホルモンの話はとてもわかりやすく、それぞれ畠山さゆりさんと烏山ますみさんという素敵な講師のおかげでますます理解が深まった気がします。

 

また、存在は知っていてもなかなか深く知ることのなかったオーラソーマヒプノセラピーなどは新しい分野のお話でとても楽しかったです。

 

とても興味深かったのは、漢方アロマセラピー。ものすごく難しかったですが、理にかなっていて素晴らしいトリートメントだと思いました。

 

なんとなくいつかやろう、と思っていたメディカルハーブメディカルリンパドレナージ、筋肉の捉え方の重要性を改めて教えてくれたエフェクティブタッチ、新たな視点を教えてくれた体質学、少しかじったままだったアーユルヴェーダ、どれもセラピストとして必要な知識をしっかり増やしてくださいました。

 

他のも全て、無駄なものは一切なく、色々な味が楽しめる欲張りな一冊だったと思います。

 

「セラピスト」とひとことで言っても色々な職、分野があるので全てに精通したプロになるのはなかなか難しいです。浅く広く、知っているとお客様との会話のネタになったり、何より知識の幅が増えて選択肢も広がります。

 

一つ言うとするならば、過去のWEB動画を集約しているようなので、少し古いものもありますが、まぁそこは許容範囲。

 

2,500円(+tax)を高いとみるか安いとみるかは人それぞれですが、私は1年間(毎日ではないけれど・・・)、この本のおかげで少し知識を深めることができて満足してます☆

 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

カーボ・ヴェルデ

世界一周シリーズのつづきです。

 

アフリカ編ラストの国は・・・

 

Cabo Verde(or Cape Verde)

(カーボ・ヴェルデ共和国)

 

その中のサン・ヴィンセンテ島のミンデロという町に行ったそうです。(他人事・・・)

 

 

前情報は殺人事件があったばかりという情報のみ・・・!

 

港に着いて少し歩くと子どもの物乞いがずっと付いてくる、そんなところでした。

 

あまり先まで行くとあぶないから、ただ港周辺にいるだけにしなさい、とも言われたり。

 

きちんと国について知らないし、調べていなかったので、その忠告通りに少し歩いてイタリアンレストランに入りました。

 

ちなみに港周辺はこんな感じ。

 

f:id:wellwalk:20160503181739j:plain

 

カーボ・ヴェルデとは、ポルトガル語で「緑の岬」という意味だそう。

 

1975年に独立するまでポルトガルの植民地だったという歴史的な背景から、公用語はポルトガル語。

 

(参考:カーボ・ヴェルデの旅行情報 | アフリカ旅行の道祖神

 

 

 

レストランではピザをいただきました♪

 

f:id:wellwalk:20160503192923j:plain

 

 

ちなみにこのレストラン、内装はとってもおしゃれで外にはこんなプールまで付いてました。

 

f:id:wellwalk:20160503201820j:plain

 

 

港周辺は、クルーズ船ターミナルを中心にこれからどんどん発展していきそう、

観光客に合わせて、このレストランをはじめ周りに色んなお店がオープンし始めている、そんな印象でした。

 

レストランのお客様もクルーとクルーズ船のゲストしかいないんじゃないか、という様子で完全に観光客向けのお店。

(なので料金はローカルと比べるとぼったくりなのでは、と思われます!よくある話ですが。)

 

 

街並み。建物はカラフルです。

 

f:id:wellwalk:20160503203051j:plain

 

 

というわけで、全然ローカルっぽいことは体験できずに終わってしまいましたがカーボ・ヴェルデという国が存在すること、どんな状態なのかということを知れただけでも勉強になりました。

 

 

さぁ~もうすぐサウサンプトン!

 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

 

 

 

 

美容と健康のための7時間睡眠

 睡眠の質って大事だな、と大人になるにつれてつくづく思います。

 

「ちゃんと寝ないとお肌に良くない」

「睡眠時間が短いと太る」

 

そんな話は常識のようにみんな知ってることかもしれませんが、なぜ?エビデンスはあるのか?などとあまり深く考えたことはありませんでした。

 

 

ふと手に取ったこちらの本、

『スタンフォード式 最高の睡眠』

 

スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠

 

 

 

こちらの本の42ページ目にしっかりと書いてありました!

 

・短時間睡眠の女性は肥満度を表すBMI値(体格指数)が高い

・寝なくても、眠りすぎても高くなる

 

f:id:wellwalk:20180209180551j:image

 

本から引用させていただきました。

 

女性636,095人を対象に行った調査によると、

7時間睡眠は一番BMI値が低いという結果になったそうです。

 

そして死亡率も一番低いのがこの7時間。 

 

 

以下、また本より引用です。

 

眠らないと、「インスリン」の分泌が悪くなって血糖値が高くなり、糖尿病を招く。

眠らないと、食べすぎを抑制する「レプチン」というホルモンが出ず、太る。

眠らないと、食欲を増す「グレリン」というホルモンが出るため、太る。

眠らないと、交感神経の緊張状態が続いて高血圧になる。

眠らないと、精神が不安定になり、うつ病、不安障害、アルコール依存、薬物依存の発症率が高くなる。

 

 

 

 ひぇー恐ろしい・・・!!!

 

でも、たしかに睡眠不足だとやたらと甘いものとか食べたくなるかも。

 

ちなみに別の実験では、認知症にかかりやすくなる可能性もあるということが報告されている、ということも書いてありました。

 

私は6時間くらいになってしまうことが多いので、これを読んでから7時間にしなければ!と自分に誓いました。

 

ただ、量より質、ということや遺伝によって短時間睡眠でも平気な人もいる、とも書いてあったので絶対こう!万人に通じる話、というわけではなさそう。あくまでも参考程度に、です。

 

でも私はついつい夜更かししてしまいがちで、睡眠足りていないなぁ、寝入りが悪いなぁと感じることがたまにあるので7時間を目標にしていこうと思いました。

 

 

ちなみにまだ読み終わってません・・・。

でも自分のメモ代わり、7時間睡眠有言実行するぞ!と思って書き記しました。

 

今日からスタート!

 

 

今年は本をたくさん読む年にする、と決めてから読みたい本が多かったり、読書ってこんなに楽しいのか、と色んなジャンルの良い本情報集めてます♪

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

 

子ども用の絵本で学んでみる

解剖生理学って、本当に複雑で難しい。

 

聞いただけで抵抗を感じてしまう人も多いと思います。

 

でも、身体のことを知っておくことは、セラピストとしてだけでなく人としてとっても重要。自分の身体のことは知りたいと思うのは言ってしまえば自然なこと。

 

ただ、本屋さんに行っても、ネットでみてもどれもやっぱり難しそう。

 

 

 

そんなときは!!!

 

 

 

子ども用の絵本で学んでみることをおすすめします☆

 

 

 

こちらは、たまたま見つけたしかけ絵本。

 

 『からだのふしぎ(どんどんめくってはっけん)』

からだのふしぎ (どんどんめくってはっけん)

からだのふしぎ (どんどんめくってはっけん)

  • 作者: ロウイーストーウェル,阿部和厚,ケイトリーク,山田美愛
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2013/02/26
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

とっても楽しくてお気に入りです♪

 

 

 

当たり前なようで、わかったつもりなようで、でも説明しろと言われたらう~んと言葉がつまってしまう・・・。

 

よく、お客様に説明するときは「小学生にもわかるように」とか、「10歳の子どもにもわかるように噛み砕いて伝える」とか聞きます。

 

まさしく!

 

 

色々勉強すると、あれもこれも言いたくなってしまいますが、それは押さえて押さえて。

 

シンプルに、ぎゅっとまとめて、その人に伝えたいことだけを伝える。

 

この技は、頭ではわかっていてもなかなか難しい。

 

そんなときは、子ども用の絵本がいちばん!

 

 

 

ちなみに、余談ですがこの本は夏頃に鎌倉をぶらぶら歩いていたときに、たまたま見つけた仕掛け絵本のお店で見つけました。

 

鎌倉のしかけ絵本専門店 メッゲンドルファー

 

 

宇宙の本、生き物の本、乗り物の本・・・店内ぜ~んぶしかけ絵本! 

 

解剖生理学の本も、大人向けのものもいくつかありました。

 

本って基本どこでも買えるし、重いので「今度でいいかな」と思ったのですが、ここのオーナーさんの想いというか本に対する愛情がなんとなく伝わり、しかけ絵本の専門店なんて素敵!とぜひここで買いたい、と思いました。

 

時間を忘れられる場所、また大人でいることを忘れられる場所です☆

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter