Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

イギリスセラピー留学を経て、豪華客船で働く船上セラピストへ。海外生活の話や旅日記、美容情報などを綴ってます。百聞は一見に如かず!

未知の国ブルネイ③

世界一周シリーズつづきです。

 

ブルネイシリーズ第3弾!

 

未知の国ブルネイ① - Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

未知の国ブルネイ② - Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

 

 

 

前回のオールドモスクがあるということは、ニューモスク

 

正式名称は

 

Jame’asr Hassanil Bolkiah Mosque

(ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク)

 

f:id:wellwalk:20160324132239j:plain

 

 

ヤシの木と、噴水が良い感じです♪

 

f:id:wellwalk:20160324132421j:plain

 

f:id:wellwalk:20160324132902j:plain

 

 

とっても広い敷地です。

 

f:id:wellwalk:20160324132507j:plain

 

 

 

なかなか全体像が撮れない・・・

 

f:id:wellwalk:20160324132604j:plain

 

 

 

豪華な階段。

 

f:id:wellwalk:20160324133044j:plain

 

 

 

モスクに入る際のルールが書いてあります。

 

f:id:wellwalk:20160324133401j:plain

 

 

オールドモスクとはまた違った雰囲気。

 

f:id:wellwalk:20160324133800j:plain

 

 

こちらは1994年完成だそうです。ちなみにオールドモスクは1958年完成。

なんか、こっちよりあっちの方が近代的で新しいデザインに見えてならないけど。

 

まぁ、色々な理由があるのでしょう。

 

 

 

 

あとは、

Royal Regalia(ロイヤル・レガリヤ)

 

f:id:wellwalk:20160324124333j:plain

 

 

王室資料館だそうです。

ブルネイの歴史に興味ある人はぜひ。

 

 

傘がたくさん飾ってありました。

 

f:id:wellwalk:20160324124806j:plain

 

 

私はここで涼んだ覚えしか・・・(笑)

 

 

つづいて、

 

Istana Nurul Iman(イスタナ・ヌルル・イマン)

 

王宮です!

 

f:id:wellwalk:20160324130954j:plain

 

 

門までしか行ってません。

 

f:id:wellwalk:20160324130939j:plain

 

 

 

ブルネイでは水上集落で暮らしている方もまだまだ多いようです。

彼らの住んでいる様子をボートで連れて行って見せてくれるツアーもあるみたいで、近付くと客引きがとてもしつこかったです(笑)。

 

ブルネイの治安が良いことを知らなくて、彼らに付いて行ったら何をされるかわからない・・・とびびっていた私たち。そんなことなかったみたい。せっかくだから見てみたかったな。ちょっとぼったくりの値段っぽかったけど(笑)。

 

f:id:wellwalk:20160324135034j:plain

 

 

 

そんなこんなで他にもちょこちょこ連れてってもらって1日が過ぎました。

 

また行きたいとか好きとかは置いといて、結構面白かったです。

日本からブルネイに行ってみよう!なんてあんまりならないし、まだまだ経済成長中のブルネイの様子が知れてとっても勉強になりました。

 

まさに、百聞は一見に如かず!

 

だから旅は面白いです♪

 

 

 

以上、ブルネイシリーズでした!

 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

未知の国ブルネイ②

世界一周シリーズの、そして前回のつづきです。

 

 

ブルネイ初上陸!

 

東南アジアです。

 

 

オイルマネーということで、港から市の中心部へ近付いて行くと、うん、たしかに発展してきてる感が漂ってる。

色々建設中です。10年後、20年後と、全然違う国になってること間違いなさそう。

 

 

この国で最も有名な観光の名所となっているのはこちらの建物。

 

Omar Ali Saifuddien Mosque

(スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク)

 

f:id:wellwalk:20160324122934j:plain

 

 

先代の国王によって建てられたことからオールドモスクとも呼ばれているとか。

 

モスクなのでイスラム教の礼拝堂ですが、私はこれを見て宮殿かと思いました。

なんだかディズニー映画の、アラジンの世界みたい!

というのが私の印象です。

 

 

色々な角度から写真を撮ってみました♪

 

入口から。

 

f:id:wellwalk:20160324121731j:plain

 

 

横から。

 

f:id:wellwalk:20160324122435j:plain

 

 

ヤシの木も一緒に。

 

f:id:wellwalk:20160324122501j:plain

 

 

少し離れたところにある塔みたいなところから。

 

f:id:wellwalk:20160324122944j:plain

 

 

これで最後。ここは敷地外の、広場みたいなところから。

 

f:id:wellwalk:20160324141619j:plain

 

 

どこから見ても絵になる美しさです。

 

 

ここは何て呼ぶところだろう?ゴミ一つ落ちてません!

 

f:id:wellwalk:20160324121957j:plain

 

 

これもきれいだけど名前と何なのかがわからない・・・

 

f:id:wellwalk:20160324122056j:plain

 

 

 

このあたりはとっても綺麗で治安も良さそう。

 

 

まだつづきます♪

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

未知の国ブルネイ①

世界一周シリーズのつづきです。

 

 

ついにアジアに突入!日本が近いよ~!

 

寄港地は・・・

 

Bandar Seri Begawan,

Brunei Darussalam

(バンダルスリブガワン、ブルネイ・ダルサラーム国)

 

 

というところ。

ブルネイってなんとなく聞いたことあるけどよく知らない。

 

”東南アジアのイスラム教国で、イギリス連邦加盟国である。

ボルネオ島(カリマンタン島)北部に位置し、北側が南シナ海に面するほかは陸地ではマレーシアに取り囲まれている。首都はバンダルスリブガワン。元首はハサナル・ボルキア国王(スルターン)。石油や天然ガスなどの資源を多く埋蔵しており、ASEANの一員になっている。環太平洋戦略的経済連携協定の原加盟国でもある。”

(Wikipediaより引用)

 

 

行ったことある人もあまり聞かないし、船としても初寄港とのこと!

前情報があまりなく、寄港する前の噂によると、

 

ブルネイはオイルマネーで非常に潤っていて経済成長まっただ中!ドバイとかみたいなイメージ?みんなお金持ってるから観光客とか特に興味ないんじゃないかって。観光に別に力入れてないからタクシーとかも捕まらないか高いらしいよ。港から中心部とか観光で色々みたかったらツアーに申し込まないとどこにも行きにくいかもね~

 

って。

 

 

という噂が流れ始めてゲスト用の船内で申し込めるツアーは全て満員!

(空きがあればクルーもアテンドとして1台のバスに1人無料で行けます)

 

 

そんな日に私は幸か不幸かfull day off!

 

丸一日お休みで、もしどこにも行けなかったらどうしよう・・・

 

そんな不安を抱えながら、おそるおそるブルネイ初上陸。

 

 

 

暑い・・・(イスラム教国ということで、女性はなるべく肌を隠すようにと言われ、余計に暑い)。

 

 

う~ん、この港の感じ、全然潤っている感じがしない・・・。

 

 

THEアジアって感じ。

 

 

直感で、貧富の差が激しい国の匂いがしました。

 

 

 

 

まず、様子を見るためにターミナルから少し歩いてみました。

タクシーに乗せようとドライバーたちが待ち伏せしてます。

(これは他の寄港地も一緒。なんだ、タクシー普通にありそう。)

 

 

一般的に、クルーズ船のターミナルでは以下の二つのタクシーに分けられます。

 

①ゲート内に入ることができるタクシー

②入ることができないのでゲートの外で待っているタクシー

 

 

①のタクシーはまぁ、ちゃんとした会社のタクシーというか、一応許可を得ているということ。

②は許可がないので、個人とか、色々。その他です。ゲートの中に入るにはIDを見せる必要があります。

 

ぼったくられたくなかったら①の方が、とか聞きますが正直どちらもあると思います。不安だったら①の方が良いというのが一般的には言われてます。

 

 

ゲートの外で待ってたドライバーに一人25USドル(×2人分)で交渉成立し、半日ツアーに出かけることに。

 

バスツアーで行ったらたしか100ドルくらい取られていたので、かなりお得!

多分断れないっぽい性格だったからもっと下げれたけど、ドライバーさんの生活もあると思うので、なんか可哀想でこの価格。

 

 

さぁ、未知の国ブルネイの旅へ出発!

 

 

長くなりそうなので、ブルネイ編は分けて書きます♪

 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

 

〇〇キャンペーンの英語

お得な情報を伝えたい広告やPOPなどで、

 

〇〇キャンペーン実施中!

 

などという文言をよく見ます。

 

 

 

日本語に浸透している『キャンペーン』という言葉。

 

そのまま日本語で使えば、もう和製英語のような形なので日本語として特に間違いというわけではないと思いますが、

 

広告にわざわざカッコつけて英語をのせて、

"〇〇 Campaign"

 

また、お得ですよ〜ということを外国人に英語で説明しようとして、

"We're doing this campaign at the moment."

 

 

 

??????

 

 

 

こういう使い方はしないのです!!!

 

 

 

日本語のキャンペーンのニュアンスを英語で言いたいときは、正しくは

 

Promotion

Offer

Special

 

 

などを使います。

 

 

例えば、

"Spa Promotion

"We have an offer for you."

"This is today's special."

 

 

コースなどでまとめて買うと安くなるなどというときは

Packageなども使います。

 

 

 

 

ー では元々の英語のcampainはどのような意味なのか?

 

campaign は、政治における総選挙などのニュースを英語でみると、とてもよく出てきます。選挙運動という意味での「運動」というのが主な意味です。

 

 

こちらの記事にとってもわかりやすく説明されてました↓

意外な意味を持つ campaign(キャンペーン)

 

 

 

 

ちなみに物販などのセールでは

 

Sale

on sale

 

と同じセールを使います。

 

キャンペーンはセールとはちょっとニュアンスが違いますので、間違って使うという人はあまりいないとは思いますが…!

 

 

 

とあるエステサロンでcampaignと英語で表記しているのを見つけ、ん?と思ってこの記事を書きました。

 

タイムリーにイギリスの総選挙でcampaign という言葉をtwitterでもよく見かけ、自分でも改めて勉強になりました。

 

 

 

セラピスト関連の英語ネタでした。

 

まだ①しか書いてませんが、こちらも合わせてどうぞ♪

 

wellwalk.hatenablog.com

 

 

英語関連はこちら ↓

英語 カテゴリーの記事一覧 - Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

グレートバリアリーフがすぐそこまで・・・

世界一周シリーズのつづきです。

 

 

もうね、ここは、なんでこれだけしか滞在できないの!っていう悔しい思いをしたランキング1位といってもいいくらいの悔しさでした。

 

 

Whitsunday Islands, Australia

(ウィットサンデー諸島、オーストラリア)

 

 

 

聞いたことないという方も多いと思いますが、この写真を見てピンとくる方は多いと思います。

 

写真Hamilton Island Air枚

 (トリップアドバイザー提供)

 

 

 

世界最大のグレートバリアリーフ、そしてなんといっても!有名なこちらのハートリーフ。

 

細かい説明はこちらのリンクをご参考にどうぞ↓

ウィットサンデー諸島、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)、クイーンズランド州 - オーストラリア政府観光局

エアリー・ビーチ、クイーンズランド州、オーストラリア - オーストラリア政府観光局

 

 

 

 

まぁ~例のごとく時間がない(涙)!!!!!

 

 

クルーだから仕方ないけど、寄港時間も元々短かった。

使用料が高いのか、旅程の都合なのかはよくわかりませんが・・・。

 

私はその日14時からオフで、16時には出発とかだった気がする。しかもテンダー!

(テンダーについての説明はこちらをどうぞ→

カンヌ映画祭の街を散策 ① - Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

 

 

物理的にほぼ無理だけど、とりあえずテンダーに乗ってクルージング気分を味わうこととちょこっとだけでも陸に降りてその景色を目に焼き付けるぞという目的で下船。

 

セキュリティーの意地悪なボスに「今から行くの?絶対遅れるなよ!」と釘をさされ、本当に無理やり外に出た私たち。

 

 

 

たいした写真も撮れず・・・

 

f:id:wellwalk:20160313160411j:plain

 

 

f:id:wellwalk:20160313140046j:plain

 

 

f:id:wellwalk:20160313160406j:plain

 

 

 

ビーチに行きたい。

シュノーケリングしたい。

遊覧飛行してみたい。

ここならスカイダイビングしてみたい・・・かも。

 

 

 

私、シュノーケリングしたいってあまり思う方でもないのですが(友達に誘われたときにだけ付いてってやる程度)、色々調べる程この海にはとても惹かれました。

 

あ~ヨットでセーリングとか、いいなぁ~。

 

この写真に写っているヨットの人たちは、プライベートにチャーターしてセーリングしている人たちなのかな、とか色々想像。

 

ダイビングをやられる方は、潜りたい海なんだろうなぁ~。

 

 

 このブログを書いていて、またあの時の悔しさを思い出す。

 

 

 

 

戻ってきて、ぎりぎり時間内なのにも関わらず、例のボスに

「1分過ぎてるよ!」とキレられる私たち。

 

「普段の生活で1分過ぎてることを気にして苛々するのは私たち日本人だけだわ!」

と心の中で反抗(笑)。

 

しかも実際1分過ぎてるどころかオンタイムだったし!

 

しかも、私たちよりもあとに戻ってきたクルーにはスルー。

 

何この差別。

 

アジア人だけでなく白人の子と行ったので、アジア人差別ではなさそう。

時間ないのにテンダーに飛び乗っていった私たちが気に入らなかったんだと思います。

 

とっても美しい場所で、苛々はいけないけど、このセキュリティーのボスは理不尽に色々細かくてみんなから嫌われてました。

正論を言っていることもあったと思うし、立場的に厳しくしなければいけないだろうから仕方ないけれど、遅刻してないのに遅刻しているっていうのは腑に落ちないなぁー。

ちなみにボスの奥さんがファミリートラベル(クルーの家族は無料で船に乗れる。※有料の場合もあり)でずっと乗っていて、この奥さんはスパのサウナに良く来ていて良い人だしボスの目も優しい笑)

 

 

まぁこれも思い出。

 

次回この場所を訪れるときには、クルーではなく普通にお客様として、クルーズではなく何日か滞在して行きたいです。

 

 

あー今すぐにでも行きたい!!!!!

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

リフレクソロジーのお客様より

私のリフレクソロジーを気に入ってくださって、たまに受けてくださっている方から、先日嬉しいご報告を受けました。

 

 

はじめはただ、私のリフレクソロジーが気持ちいい、押し方が上手い、など単純に嬉しいお言葉だったのですが、前回いらっしゃったときに前腕のあたりのツボに何か違和感を感じ、お尋ねしたところ特にその時点では何も問題はなく、たしかに少し痛みというか凝っているような感じはあるかなぁ、と。パソコンとか家事の疲れとかですかね〜とその時はお話しました。

 

 

その一ヶ月後にまたトリートメントを受けてくださり、気になって病院に行ったら腱鞘炎の一歩手前だったみたいで!早めに行ってよかった!ありがとうございます!と感謝のお言葉をいただきました。

 

 

またその後、腰を痛めてしまった時があり、まだ少し痛みがある中トリートメントを受けてくださったのですが、受けた後はかなり身体が軽く、楽になったともおっしゃっていただきました。

 

 

腕にも腰にもその箇所には全く触らなくても、足だけでケアができてしまうリフレクソロジーの魅力、すばらしさにまた一つ結果が残せたようでこちらも嬉しい限りです。

 

 

これからも、日々勉強でお客様のお役に立てればと思います。

 

 

 

その他のリフレクソロジーネタはこちらからどうぞ↓

リフレクソロジー カテゴリーの記事一覧 - Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

 

 

ロサンゼルスと柴犬

ちょっと、順番が前後してしまいましたが・・・

 

 

これは残しておかなければ!!!という1枚があり、Instagramでは既に載せたのですがせっかくなのでこちらにも載せておきます!

 

 

 

世界一周クルーズの途中、ロサンゼルスでの一枚。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BUKNDtFBkU8/

When I went to LA... #LA #losangeles #california #shibainu #dogs #socool #travel #shiplife ロサンゼルスで柴犬発見♡#ロサンゼルス #アメリカ #海外 #旅行 #シップライフ #柴犬 #かわいい

 

 

 

 

 

かわいいわぁ~。

 

3匹かなぁ?

 

今回のLAの思い出はこちらで癒されました。

 

 

 

これだけです♪笑

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter