alice’s diary ⚓︎Seeing is Believing⚓︎

イギリスセラピー留学を経て、豪華客船で働く船上セラピストへ。海外生活の話や旅日記、美容情報などを綴ってます。百聞は一見に如かず!

ルイボスティーのおはなし

・ノンカフェイン

・アンチエイジング

・ノンカロリー

・豊富なミネラル

・肌荒れ・アトピー改善

・整腸作用 etc.

 

 

 

たくさんあるルイボスティーの健康・美容効果。

 

ノンカフェインということで、妊娠中や授乳中のお母さん、お子様も安心して飲めるということで日本でも人気のお茶の一つ。

 

 

でもルイボスが南アフリカのセダルバーグ山脈一帯の高原地帯でのみしか栽培できない貴重な植物だったなんて、最近まで知りませんでした(!)。

 

他でも栽培できるか試したこともあるそうですが、難しかったよう・・・。

 

 

まず一つは、その環境。

このセダルバーグ山脈に囲まれた地域というところは、ケープタウンから約200~250km離れた場所にあり、非常に乾燥していて朝夕の気温差が30℃以上あるという過酷さ。

 

二つ目は根っこの長さ。

ルイボスの木は一般的なお茶の木と比べ、根っこの長さが5~10倍

大地の栄養をたっぷり吸い取ることができる、ということ。

 

 

f:id:wellwalk:20181128132000j:image

(H&F BELXさんのリーフレットより)

 

 

ルイボスティーは、高原の厳しい環境の中、大地に深く根を張り、土中から吸い上げたミネラルなどの栄養物質を豊富に蓄えている、というお茶です。

 

 

元々南アフリカのコイ族・サン族の間で飲み続けられていたお茶。

あるとき南アフリカに来ていたドイツ人が、他の部族と比べ元気で肌艶の良い部族を見つけ、これは不思議だ・・・と調査をしたところ、彼らがこのお茶を飲んでいたというのがルイボスティーが広まる始まりと言われているそうです。

 

 

ちなみにノンカフェインティーは長時間水に触れていることで、たくさんの栄養価が引き出せるため、ティーバッグを付けたままでOKというのも便利!

 

 

なんとなく身体に良いと思って飲んでましたが、調べると面白い。

これからも飲み続けます♪

 

 

〇〇ルイボスティーとブレンドされたものもたくさん飲みましたが、個人的には結局ピュアルイボスティーが一番おいしいという結論になりました(笑)。

 

 

**********************************************************************************************

 ♡follow me♡

 

instagram.com

 

alice⚓︎ (@alice_wellwalk) | Twitter

セラピスト英会話 (@therapist_en) | Twitter