読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

イギリスセラピー留学を経て、豪華客船で働く船上セラピストへ。海外生活の話や旅日記、美容情報などを綴ってます。百聞は一見に如かず!

欧米では化粧水はクレンジングの一部?!

日本の一般的なお顔のお手入れの順番は・・・

 

クレンジング(洗顔)→化粧水→乳液

 

 

または

 

クレンジング(洗顔)→化粧水→美容液→クリーム

 

でしょうか。

 

 

 

ちなみに理想的とされている順番は、

 

①クレンジング

②洗顔

③化粧水

④(角質ケア)

⑤(パック・マスク)※④⑤は週1~2回

⑥スポットケア(目元美容液など)

⑦美容液

⑧クリーム

 

です。

 

 

 

欧米でも基本的な順番は一緒なのですが、化粧水の捉え方が少し違ってきます

 

ちなみに化粧水は英語で、

toner もしくは lotionです。

 

 

日本の化粧水の使い方といえば・・・

 

・手に取ってパシャパシャとつける

・コットンに染み込ませて顔に浸透させる

・スプレーのように吹きかける

 

などが一般的。

 

 

でも、欧米においては、

 

化粧水はクレンジングの一部として考えられています

 

 

ステップとしては、まずは、ミルクタイプやらオイル、バームなどでメイクや汚れを落とし、洗顔フォームなどで洗い流す。

 

そして!

 

コットンに含ませたtoner/lotionで拭き取る ←ここまでがクレンジングです!

 

 

たしかに、メイク落としで落としきれないメイクや汚れがあるといえばある。

 

なので、それをコットンに染み込ませた化粧水で拭き取るというのは理にかなっているといえばかなってる。

 

 

私は個人的に、日本で生まれ育って昔から化粧水は

 

「お肌の水分を補う」、

「乳液やクリームの浸透をよくする」、

 

などの役割のために使うと習ってきたので、

 

化粧水で「余分な汚れや落とし切れなかったメイクを落とす」

 

と習ったときに少し「ん?」と思いました。

 

 

今では、なるほど、日本と欧米ではそもそもの考え方が違ったのね!

と納得しましたが。

 

 

あとは、水の硬度の違いにもよる影響みたいです。

 

日本は地域にもよりますが、どちらかというと軟水。

欧米は硬水が主流のようなので、日本人が海外に行って水が合わなくて肌が荒れた、

というのはこれが影響していることも。

 

 

 

でも、最近日本でも「拭き取り化粧水」とうたっている商品が出てきたので、欧米の影響を受けやすい日本でもそのうち拭き取りが主流になってきたりするのでしょうか。

 

 

目まぐるしく変わる美容業界、流行についてくのって大変です(笑)。

美容業界に限らずですが。

 

まぁ私はマイペースに、なるべく「自然体で」いきます。

 

色々やりすぎると、顔の筋肉がフリーズしたり、不自然になりますからね!

こわいこわい・・・

 

自然が一番!

笑顔が一番!

 

 

 

wellwalk.hatenablog.com

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter