Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

イギリスセラピー留学を経て、豪華客船で働く船上セラピストへ。海外生活の話や旅日記、美容情報などを綴ってます。百聞は一見に如かず!

クルーズ船で働くと、パスポートのスタンプがいっぱいになる?!

クルーズ船、船にもよりますが、色んなところに行きますよね。

 

ずっと船で働くクルーはそれはそれはパスポートのスタンプがいっぱいなんだろうなぁ、と思う方もきっといるはず。

 

私も恐らく最初はそう思ってました。(実はもう忘れちゃった・・・)

 

 

 

答えは

NO!!!

 

 

というのも、船に乗るとクルーオフィスといってクルーの事務系手続きを管理している部署に、パスポートを預けてしまうから。

そして寄港地の特別な要請がない限り、乗船中はパスポートが私たちの元に返されることはありません。

 

 

というわけで残念ながら、

 

どんなにたくさんの国を周ってもスタンプが増えることはあまりありません。 

 

 

これは、スタンプ集めている人は残念ですね。

私はそこまで気にしてません(笑)。あると嬉しいですけどね♪

 

ちなみにシンガポールとインドネシアのバリ島に行ったときだけ、気付いたらパスポートにスタンプが押してありました。

 

 

ではなぜ私たちの大事な身分証明証であるパスポートをクルーオフィスが管理しているのか、ということですが、なりすまし、すり替え、パスポートを持ったまま外出してその国に不法滞在、など船で働くことを悪用した犯罪を避けるためと聞いたことがあります。

 

色んな国の人がいるわけですからね。

 

私たち日本人は世界的にみても恵まれている国なので(諸説によると不幸な国でもありますが)、日本国籍を捨ててまで帰化したい国、不法滞在をしてより良い暮らしを求める、なんてあんまり思わないですよね。

 

自分の国を捨てて、危険を冒してまで他国に移住したい!しなければ!という人は悲しいがな存在するのです。

 

あ、寄港地で外出するときはクルーIDを携帯し、それが身分証明書になります。

アメリカなど、一部の国や地域ではクルー用の特別なVISAのようなもので、別の用紙も持ち歩かなければいけません。ただの紙切れですが、失くすと大変!罰金を支払わなければいけないのです。

 

 

厳しく取り締まるため、なので船に乗った瞬間からいつも一緒に旅してきたパスポートにしばしの間お別れを告げます(笑)。

 

9カ月の乗船後に、パスポートと再会したときは本当に嬉しいですよ♪

 

「あぁ!私のパスポートちゃん!」と呼びたくなる感じ(笑)。

久しぶりの故郷に帰れるしね。

 

 

ちなみにこの写真にある、私のパスポートの左のテープで貼ってあるものは、カーニバルの船に乗ったときに付けられました。

 

f:id:wellwalk:20160914223636j:image

 

 

なんとなく思い出で、取らずにとっておいてあります。

 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter