読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

イギリスセラピー留学を経て、豪華客船で働く船上セラピストへ。海外生活の話や旅日記、美容情報などを綴ってます。百聞は一見に如かず!

英ポンド両替時の注意点

イギリス生活において、ふと思い出したこと。

 

 

イギリスのポンド、ほとんどの方が日本から出発前に両替しますよね?

 

そのとき、両替される金額にもよりますが、50ポンド札を手に入れることがよくあるかと思います。

 

この50ポンド札が本当に厄介!!!

 

 

 

なぜって・・・

 

 

 

50ポンド札を受け付けてくれるお店が少ないから!!!!!

 

 

大きいスーパーマーケットやドラッグストアですら、嫌がる場合もあります。

 

Brexitなどで為替の変動が大きくあるこの頃ですが、

今は1ポンド=約135円(2016年9月前半現在)。

 

50ポンドは約6780円。

 

日本円でも1万円にもなりません。

 

ただ、日本はCash is King.と言われるように、現金を持ち歩くのがまだまだ当たり前。

欧米ではカードで支払いが当たり前、現金を持ち歩く人はあまり多くありません。

(アメリカやイギリスは特に。他の国は、国によるかもしれません。調査不足でしたらすみません。)

 

なので、日本で数百円の買い物をするのに一万円札を出しても嫌な顔ひとつされず。受け取ってくれてお釣りも多くの場合問題なくいただけます。

 

イギリスでは、数ポンドでなくても30ポンドとかでも50ポンドはだめ!となることがあります。

 

もちろん、50ポンド以上の買い物をするときは別ですが・・・。

 

 

 

というわけで、両替時には、50ポンド札は一切受け取らず、10ポンド札と20ポンド札でもらうことをおすすめします。

 

5ポンド札も何気に便利だと思うので、あると良いです。

 

小銭は慣れればそんなに難しくないです。

アメリカと違って、イギリスは小銭も結構使います。

そこは日本と似ていて親近感♪

 

逆にアメリカは、小銭をあんなに使わないで一体どうするんだ!と思います。

 

1ポンドや2ポンドのコインは結構重いので、あるときはなるべく使い切った方がお財布が軽くなって楽です。

 

 

 

以上、ポンド両替時の豆知識でした。

 

50ポンド札、旅行時に結局使えなくて日本に持ち帰り、また日本円に両替となると余計に手数料がかかって損することになるので、気を付けてください。

 

 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter