読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

イギリスセラピー留学を経て、豪華客船で働く船上セラピストへ。海外生活の話や旅日記、美容情報などを綴ってます。百聞は一見に如かず!

留学エージェンシーについて

今日は、私が留学する際に利用させていただいた、エージェンシーのお話。

イギリス公立カレッジ連盟(ADF)というところです。
 
 
インターネットでセラピー留学と検索すると、上の方に出てくるので、留学を考えた人は一度はサイトに目を通したことがあるのではないかと思います。
 
 
 
結論から言うと、個人的に、私はここのエージェンシーを使って満足してます。
 
 
理由は、
・料金が他社と比べて安いこと
・質問にかなり丁寧に答えてくれること
 
 
色んな留学斡旋会社がある中で、大きい会社になればなるほど、料金は高い傾向があります。
その分、サポートはしっかりしているので、まだ若い十代の方の初めての留学、とかでしたらこちらの方がいいのかもしれません。
 
 
ただ、私が話だけ聞きに行ったある会社は「営業」という感じで全然親身になってくれないところでした。
こちらが求めている質問の返しがきちんと返ってこなくて、「とりあえず、行ってみましょう!サポートはします!世界が広がりますよ!」みたいな。
そんなのは分かってるから留学しようと思ってるのに、全然私が学びたいことの情報はくれませんでした。
 
 
もちろんそうじゃない会社、カウンセラーの方はいると思いますが、ここのADFさんは、全然営業してくる感じは全くなかったです。
むしろ、こちら側からアクションを起こさないと、進まない。
 
 
ここがポイントで、ある方は、実際に現地に着いてから「こんなの聞いてなかった!」とか不満を言っていたという話を何回か聞きました。
 
 
私は、性格上心配性なので、行く前にこれでもかってくらい質問攻めしました。
メールも何回もしたし、オフィスにも数回伺いました。
でも、メールの返事はすぐに返ってきて、いつも丁寧に教えてくれました。
だから、着いてからそんなにギャップは感じなかったです。
 
 
日本は、自分から質問しなくても、親や学校、会社、上の方がだいたい先に教えてくれます。
でも海外は、少なくともイギリスは、自分から聞かなきゃ教えてくれないことってたくさんあります。
いつも受け身だと、どんどん置いてかれます。
 
 
悩んでる方は、ぜひ、どんどん自分から発信して行動してみてください。
強い意志がある人だったら、来て後悔することはないはずです。
 
 
授業は、英語がわからないと、結構大変です。
IELTS 5.5でも厳しい人は厳しいんじゃないかという印象です。(学校にもよるかと思いますが)
強い意志がないと、多分、やる気が続かないと思います。
そういう私も、英語がまだまだなので、かなり大変ですが、とってもとっても楽しいです!ほんとに。
 
 
来たら、後戻りはできない。
でも、目標があれば、決して乗り越えられない壁ではないと思います。
 
 
感じ方は人それぞれだと思いますが、個人的な意見としては、とても良いエージェンシーに出会えて満足してます。
ちなみに、現地に着いてからは、何かあったときは留学生が自分で学校のインターナショナルオフィスなどに相談するという形なので、現地のサポートは特にありません。
だから、料金が安くなっているという仕組みなのかもしれません。
でも、私の学校の先生やスタッフの方はとても面倒見が良くて信頼できる方ばかりで、サポートが必要だとはあまり感じないです。
 
 
 
この記事を書いた理由は、私が留学する前に、ADFさんを利用した留学生の生の意見が聞きたかったのに口コミなどが全然見つからなかったので、悩んでる方の助けに少しでもなれば!と思い書いてみました。
 
 
とにかく、百聞は一見に如かずなので、まずははじめの一歩、行動に移してみることをおすすめします^_^
 
 
 
 

**********************************************************************************************

 ♡follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter