Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

イギリスセラピー留学を経て、豪華客船で働く船上セラピストへ。海外生活の話や旅日記、美容情報などを綴ってます。百聞は一見に如かず!

鍼灸は地味じゃない!

豪華客船のスパには、様々なサービスがあります。

 

スパはトータルビューティーサロンでもあり、トータルヘルスケアの場所でもあります。

 

 

その中でも私がまだ乗船して間もない頃、 “意外に” 人気だと思ってしまったのが・・・

 

 

Acupuncture (鍼灸、鍼)

 

 

今考えると鍼灸師の方々に本当に申し訳ない

 

 

古くから中国や日本で発達したこのtreatmentは、日本人の、特に若者とっては少し地味で、鍼灸院はお年寄りが通っているようなところで、膝が痛いとか、ぎっくり腰だとか、身体にどこか痛みがないと行かないような場所・・・

 

そんなイメージがついてしまっている気がします。

 

 

そんなacupunctureが、実は世界ですごく注目されているって、日本人の一体どのくらいの人が知っているのでしょうか。

 

私は正直、数年前に船に乗るまで知りませんでした!

 

 

でも、次から次へと予約が入り(船や旅程、そしてもちろんその鍼灸師の手腕にもよります)、お客様も鍼灸について興味があり、結構質問してくる。

 

 

普通、豪華客船に乗って鍼灸受けようって思います???

 

 

日本人からしたらそんな発想、あまりないと思います。

 

 

でも、例えばクルーズ常連のアメリカ人からしたら、たまたま乗った船に腕の良さそうな、本場の中国人や日本人の鍼灸師に出会ったら・・・!

 

 

船には色々な人がお客様として乗っています。

 

一生に一度のような、旅行。

ハネムーン、家族旅行、何かのお祝いが一般的ですが、もう何度も何度も同じ船に乗る人もいます。

 

特にアメリカでは日本に比べてクルーズ旅行がとっても身近!

 

 

「ここに行きたい」

というよりも、

 

「この船に乗りたい」

 

そんな人も多いのです。

 

 

若者たちは寄港地で降りてアクティビティを楽しむけど、一緒に来たおじいちゃん、おばあちゃんは船の上で日向ぼっこしたり、プールで泳いだり、映画をみたり、ずっと食べていたり(笑)、特に船を降りない人も結構いるんです。

 

そういう人がスパに来たりします。

 

中には車椅子や杖をついている方々も多い。

 

気になっていた鍼灸、この機会に受けてみようかな?とか、スパでフェイシャル受けてみようか、マッサージ受けようかなぁとかなるんです。

 

 

 

実際に、クルーズ中に何度かトリートメントを受けて、腰の痛みや膝の痛みがものすごく良くなった!というお客様もたくさんいます。

 

数回のトリートメントで車椅子だったのに杖で歩けるようになった人もいるとか!

 

 

Acupunctureは筋肉や関節などの痛み系に強いと言われていますが、それ以外にも精神的なストレスの緩和、ダイエット、禁煙、更年期、不妊治療など様々なお悩みに対応することができます。

美容鍼としても近年注目されてきてますよね!

 

最近は、割と若い人にもその良さが伝わり始めているのかな?

美容系の業界の人には、そんな印象が見受けられます。

 

また、船の上ならでは、ですが、船酔いにも効くとのことで、お客様はもちろんのこと、私たちクルーもお世話になっておりました。

 

 

 

日本では、鍼灸師をはじめ、国家資格を持っているあん摩マッサージ指圧師の方々からすると、エステ、リラクゼーションのトリートメントはグレーゾーン。日本語で「マッサージ」とは呼べません。

 

長年にわたり勉強し、きちんと資格を取ってやっている彼らに、地味だなんて本当に失礼な話。

 

でもそんな印象を付けてしまっている従来のやり方もよくないですよね。

 

 

船の上の鍼灸師はオンとオフのバランスが取れた、かたすぎないとてもフレンドリーな方が多いです。

 

残念ながら日本人の鍼灸師の方とはご一緒したことないのですが、中国人、ポルトガル人、カナダ人など、みなさま頭が良くて真面目だけどよく遊ぶ楽しい方々でした。

 

 

私は初めて乗った船とその次でたまたま同じ中国人の鍼灸師の人と一緒で、よくふざけあって色々と楽しませてもらいました。みんなの人気者です。

 

 

 

 

で、実際ハリを身体に刺すってどうなの?

痛くないの?

 

 

という話ですが、意外とというか全然大丈夫でした。

 

 

鍼灸に使う鍼は、色々あるようですが、髪の毛くらいの太さのものもあったりで、場所によってはささっていることを忘れるようなくらい全く何も感じないことも!

 

少しチクっとするところもありましたが、別に耐えられないわけではなかったです。

 

 

効果もあります!

 

船酔いにも効いたし、腰の痛みにも効いたし。

 

 

あと、一度船の中で食べたお寿司のマグロにあたり(私を含めスパガールズ3名)、いわゆる食中毒とやらになったのですが、次の日には完治してました(笑)。

 

あれには色んな意味でびっくりでしたが!

 

 

 

鍼灸師になるためには、ドクターのようなライセンスが必要で、非常に繊細な職業だと思います。(ドクターライセンスを持っている人もいるそうです)。

 

 

まだ近代の医療が発達する前、昔の人は何で治療をしていたか?

 

人の舌を見て、鼓動をチェックして、健康状態をチェックしていました。

 

抗生物質などの薬が出る前、漢方、ハーブを飲んだり塗ったり、身体に取り入れていましいた。

 

 

オフではあんなにおちゃらけている船の上の鍼灸師たちも(笑)、仕事になると真剣な表情で様々なお客様のお悩みに対応、助けていました。

 

本当、人助けだな、という瞬間も何度か見ました。

 

 

全然地味じゃなかったです。

 

 

鍼灸を身近に感じさせてくれたクルーズでの仕事に感謝。

 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

マニアにはたまらない?!パナマ運河クルーズ

世界一周回顧録シリーズです。

 

 

今回は・・・

 

 

パナマ運河(Panama Canal)

 

 

f:id:wellwalk:20170306215136j:image

 

 

 

世界一周クルーズにて、このパナマ運河をクルージングするというものすごく貴重な経験をさせていただきました!

 

 

正直、パナマ運河なんて聞いたことあるだけで、お恥ずかしいことに運河が何なのかもよく知らなかった私・・・。

 

お客様の中には、このクルーズを、この船を、この旅程を選んだのはこのため(パナマ運河をクルージングする旅程だから)だ!という方も結構多く、後で知ったことですが旅程にパナマ運河が入っているクルーズは、豪華客船旅行の目玉にもなるそうです。

 

 

で、実際何がそんなにすごいのか、と思って色々調べると、

 

「今世紀最大の偉業」

「人類の叡知」

「世界の十字路」

 

とか何やら色々ほんとにすごそう。(すみません無知で・・・)

 

 

難しそうな歴史とその緻密な構造はもっと詳しい方々が色々と文章にしてくださっており、私はただのコピペになってしまいそうなので省きます。

 

かなりざっくり言うと、

 

・大西洋と太平洋をつなぐ交通の要所

・水のエレベーター

 

 

いくつかの水門を通り、横断していくのですが、地点ごとに水を足して、高さを次の地点に合わせていくのです。

 

 

図を見るとわかりやすいのでこちらをどうぞ(船内新聞より)↓

 

f:id:wellwalk:20170306215220j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170306215245j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170306215306j:image

 

拡大しないと見にくいかな?

 

6:00a.m~5:00p.mとありますが、かなり長い時間をかけて横断する一大イベントだということがわかります。

 

 

実際に、私はこの工程を仕事の合間をぬって途中途中で見ることができ、写真におさめることもできました。

 

 

実際は結構時間がかかってますが、写真で比べると、水位が上がっているのがわかります。

 

f:id:wellwalk:20170306215403j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170306215459j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170306215522j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170306215544j:image

 

 

 

 

 この狭い幅を、大きな豪華客船がギリギリのところをゆっくり、ゆっくりと進みます。

 

 

 

f:id:wellwalk:20170306215906j:image

 

 

 

サイドはこのような様子。

 

 

f:id:wellwalk:20170306215956j:image

 

 

 

 

パナマ運河についてはこちらの方のブログにとてもわかりやすく説明されてました↓

 

jiburi.com

 

 

 

歴史やこの仕組みを知らずに写真だけ見ると、つまらないものに見えるかもしれませんが、よく調べていくとすごいことなんだな、ということがだんだんわかってきます。

 

 

ちなみに私たちは今回、パナマに上陸したのではなく、パナマ運河をクルージングという旅程でした。

 

 

なので、船からはデッキに出て、こんな感じで見学します。

 

 

f:id:wellwalk:20170306215620j:image

 

 

普段は立ち入り禁止のデッキもゲスト用にオープンしたりしましたが、私はクルー専用のところから見れました♪

 

 

 

途中のガトゥン湖。

 

f:id:wellwalk:20170306220207j:image

 

 

 

少し進んだだけなのに、だんだん汚くなってきた・・・。

 

 

f:id:wellwalk:20170306220231j:image

 

 

なんとこれ、人口湖らしいです。

 

 

 

 

 

世界にはまだまだ知らないことがたくさんあるなぁ~と、またひとつ旅をしながら学びました。

 

 

こんな経験をさせていただいて、本当に素晴らしいことだなぁと思います。

 

 

感謝。

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

 

必ず眠れるシリーズ②

かなり前ですが、こちらの記事を書きました↓

 

wellwalk.hatenablog.com

 

 

眠れないときにこの音楽をかけたら眠れる。

 

 

 

今回は、もっとすごいものを知人から教えてもらいました。

 

もっと寝れます!!!

 

 

 

 

こちら、

「寝たまんまヨガ」

 

youtu.be

 

 

 

知人には、すごいアプリがある!と教えてもらったのですが、YouTubeでも同じものがあったので私はわざわざアプリをダウンロードせずにこちらで済ませました。

 

内容は、その名の通りです!

寝たまんま、ヨガをする、という。

 

でもいつも途中で寝てしまうので途中からどんなことが起きているのかはわからないままシェアしてます(笑)。無責任ですみません・・・

 

 

アプリだと、こちらは無料版で、有料版もあるとか。

 

今のところこの無料版を数回試して100発100中で眠れているので、なかなか眠れないという方にはすごくおすすめです。

 

眠ることが目的でなくても、リラックスしたいときにもおすすめだと思います♪

 

興味のある方はぜひ、お試しください。

 

 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

 

 

コロンビアのカルタヘナ

世界一周回顧録アルバの次の寄港地は・・・

 

 

Cartagena, Colombia !!!

(コロンビアのカルタヘナ)

 

 


初コロンビアでした。カリブ海諸国には何度も行ったけど、南米は初でした。(中南米になるのかもしれないけど…)

 

 

コロンビアのイメージといえば!

 


正直治安が悪い…。

 

 

シャキーラの出身国、サッカーワールドカップで見たコロンビア代表のサッカー選手はイケメンが多かったし、川島選手の奥さんもコロンビア人のハーフで美人!ということで美男美女が多いイメージでしたが現地ではそうでもなかったです(笑)

 


カルタヘナは寄港地で、観光客も多いので治安は特に気になることはなかったです。まぁ昼間だけだったし、ね。

 


ただ、物乞いと押し売りがすごい!!!


車で周ったのですが、車を降りた瞬間にハンドメイドの物や帽子やらサングラスやらを売りつけてくる。

 

レストランの中にまで入ってきて売ろうとしてきました。お店が暗黙の了解で承認しているのも驚き!

 

また、写真を撮るだけでもお金を要求してきます。


私は色んな国を周り、対処の仕方に慣れているので騙されるようなことや、余計にお金を請求されることはなかったのですが、初めてこういう経験をした人はびっくりすると思います。

 

 

Anyway!


カルタヘナに来たら行きたかった場所、

Old Town (旧市街)

 

街並みは本当に美しかったです✨

 

f:id:wellwalk:20170212223924j:image

 

 

カラフルな建物と、鮮やかな南国の花。

 

f:id:wellwalk:20170212224021j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170212224125j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170212224151j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170212224223j:image

 

 

Oh! La La!

 

f:id:wellwalk:20170212224309j:image

 

 

ローカルフードレストランにも行きましたが、ローカルさはあまりよくわからなかったです(笑)。

スープとサラダ付の魚のフライをいただきました。よくあるフィッシュかチキンかビーフか、というチョイスで。

 

 


あとは、お城を下から眺めました。

 

 f:id:wellwalk:20170215204232j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170215204241j:image

 

 

 

 

そして、コロンビアのカルタヘナが一望できる展望スポットへ。

 

 f:id:wellwalk:20170215204356j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170215204420j:image

 

 

こんなに高層ビルがあるとは思いませんでした!
まさに、百聞は一見に如かずの瞬間

 

コロンビアのイメージが大きく変わったのは、船を降りたときにこの高層ビルが見えた瞬間でした。

 

 

 

そして、カルタヘナのポートには簡易動物園?のようなものも!✨

 


フラミンゴ

 

f:id:wellwalk:20170215204514j:image

 

 

孔雀

 

f:id:wellwalk:20170215204630j:image

 

 

オウムたち

 

f:id:wellwalk:20170215204642j:image

 

f:id:wellwalk:20170215204652j:image

 

 

木の上にはモンキーまで!

 

f:id:wellwalk:20170215204705j:image

 

 

 

他にも色んな鳥やバンビ?などがお出迎えしてくれました♪


押し売りには引くほどでしたが、色んな意味で温かい寄港地でした。

 

 

南米、もっと色々行ってみたいです!

 

 

 

過去にも書きましたが、

ことりっぷさんに私のインスタグラムをご紹介いただきました

 

www.instagram.com

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

その他の世界一周クルーズ寄港地についてはこちら↓

 

wellwalk.hatenablog.com

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻布十番のオーガニックスーパー

麻布十番に新しくオープンした、

 

Bio C' Bon(ビオセボン)

 

 

気になっていたので行ってみました♪

 

f:id:wellwalk:20170212215555j:image

 

 

 

 

フランス・パリ生まれのビオ・ストア、日本一号店だそうです。

 

 

コンセプトについては公式サイトのこちらをどうぞ↓

concept | ビオセボン日本版オフィシャルサイト|Bio c’ Bon Japon Official Website

 

 

 

 

オーガニックスーパーといえば!!!

 

 

イギリスにいたときよくお世話になっていた、

 

Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)

 

ホールフーズ公式サイト↓

Whole Foods Market | America’s Healthiest Grocery Store

 

 

 

ビオセボンもこちらのようなイメージをしていたのですが、

ビオセボンの方が規模は大分小さめ

 

 

 

ホールフーズは大型スーパーマーケットのオーガニック版!

 

アメリカ発祥でハワイにもあり、観光スポットとしてよく紹介されているので日本人にも割と馴染みがあるかも?!

 

私はイギリスではロンドンで数店舗、チェルトナム、アメリカではマイアミ、ハワイで行きましたがどこもかなり広くて2フロア以上あったりするところも。

 

お値段は少し高めですが、健康に良さそうな食べ物や生活用品がたくさんあり、見ているだけで楽しくなります♪

 

その地域で取れたものを積極的に取り扱っていたりするので、お店によっても少しずつ違いがあったり、売っているものに特徴があります。

 

例えば、ハワイだとココナッツとか、南国の製品を多く扱っていたり♪

 

 

 

その点はビオセボンも同じで、日本産のお野菜や果物が多く並んでいました。

 

 

f:id:wellwalk:20170212215634j:image

 

 

f:id:wellwalk:20170212215647j:image 

 

 

 

 

環境にも配慮し、お買い物袋は有料です。

 

f:id:wellwalk:20170212215704j:image 

 

 

 

ナッツ量り売り。

 

 f:id:wellwalk:20170212215719j:image

 

 

 

流行りのチアシードやキヌア。

 

f:id:wellwalk:20170212215737j:image

 

 

 

チョコレートも!

 

f:id:wellwalk:20170212215750j:image

 

 

 

ワインコーナー。

 

f:id:wellwalk:20170212215801j:image

 

 

 

からだに良さそうなオイルたち。

 

f:id:wellwalk:20170212215814j:image

 

 

 

パスタの種類もたくさん!

 

f:id:wellwalk:20170212215836j:image

 

f:id:wellwalk:20170212215846j:image

 

 

 

 

スパイスもオーガニック。

 

f:id:wellwalk:20170212215903j:image

 

 

 

欧米の朝ご飯の定番、シリアル。

 

f:id:wellwalk:20170212215919j:image

 

 

 

イギリスでよく飲んでたなぁ~。このハーブティーたち。

 

f:id:wellwalk:20170212215933j:image

 

 

 

バレンタインが近いからか、チョコレートが多め?!

 

f:id:wellwalk:20170212215945j:image

 

 

日用品もありました。

 

ヘアケア、ボディケアなど、種類はそんなに多くなかったです。

 

f:id:wellwalk:20170212215959j:image

 

f:id:wellwalk:20170212220012j:image

 

f:id:wellwalk:20170212220022j:image

 

 

 

 洗剤。

 

f:id:wellwalk:20170212220034j:image

 

 

メイク用品。

 

f:id:wellwalk:20170212220044j:image

 

 

 

ドッグフードまで!

 

f:id:wellwalk:20170212220053j:image

 

 

 

一応、イートインスペースはありますが、カフェという感じではありませんでした。

 

f:id:wellwalk:20170212220105j:image

 

 

 

 

そこが残念ポイントかも。

 

ホールフーズではもっと量り売りとかして自分なりのお弁当詰められたり、パンとかももっと種類があって、スムージーがあったり・・・

 

お寿司もあった!

(まぁここは日本だからお寿司は別になくて良いですが♪)

 

そう、ホールフーズではよく日本食も調達してました。

健康食品的なイメージが強い日本食は、ホールフーズでも少しコーナーがあったりして、味噌、豆腐、おそばとか色々売ってました~♪

 

 

 なつかしいなぁ~。

 

ホールフーズ行きたい!!!

 

 

 

 

それから、ビオセボンのお隣には、Picard(ピカール)という冷凍食品のお店も併設されてました。

 

f:id:wellwalk:20170212220127j:image

 

 

こちらもフランス発で、青山に先にお店オープンしていたよう。

 

フランスでは冷凍食品もおいしい!という噂は聞いてましたが、こんなに種類があるなんてびっくり!という量でした。

 

f:id:wellwalk:20170212220138j:image

 

 

日本の冷凍食品も結構すごいけど、やっぱりヨーロッパというかフランスってパッケージからおしゃれで日本人女子が好きそうなかわいい感じ。

 

こちらはまだ試してないけど、どうなんだろう。

 

いつか機会があれば試してみようっと。

 

Picard(ピカール)冷凍食品 Online Shop トップページ

 

 

どちらも日本ではイオン系だそうです。

 

 

 

ちょっと期待外れでしたが(期待度が高かったので)、近くに住んでいたら便利なスーパーかも♪

 

これからもっと色んなところに進出するのかな?

 

個人的にはホールフーズジャパン作ってほしい・・・けど(笑)。

 

 

 

最後に、以前にも書きましたが、

オーガニック=良い

 

という先入観に騙されないよう、きちんと知識をつけて商品を見極めていくことが引き続き大切だなと思う日々です。

 

 

 

以下、オーガニック関連記事↓

 

オーガニック カテゴリーの記事一覧 - Aliceのひとりごと〜Seeing is Believing〜

 

wellwalk.hatenablog.com

 

wellwalk.hatenablog.com

 

wellwalk.hatenablog.com

 

wellwalk.hatenablog.com

 

wellwalk.hatenablog.com

 

 

 

※お店の方より撮影許可いただいた上での撮影です。 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

ただいま!カリブ海のアルバ

カリブ海の中でもお気に入りの寄港地の一つだった、

 

Aruba(アルバ、アルーバ)!

 

 

オランダ領の島です。

 

 

https://www.instagram.com/p/BA9w5TvyGt1/

Aruba I'm back!!!!!#Aruba #oranjestad #caribbean #cruise #ship #shiplife #happyisland #travel #shiplife #seetheworld #アルーバ #カリブ海 #クルーズ #海外 #旅行 #シップライフ

 

 

 

 

Carnival Breeze号時代に何度か行き、今回Queen Victoria号でもまた行ける!と聞いてすごく懐かしい気持ちでわくわく♪

 

 

でも・・・・・!

 

 

このアルバと、コロンビアのカルタヘナのどちらか片方のみオフがもらえる、とのことで・・・

 

アルバは何回か行ったから、、、

う~ん、カルタヘナかな?

 

と悩みましたが、カルタヘナを取った私!

 

けど!

 

幸いにも色々なインセンティブがあり、アルバの日も少し休み時間があり出られることに♪

 

 

 

ビーチが有名ですが、私はいつもここで買い物をしてしまう悪い癖が・・・。

 

今回こそビーチに行ってみたかったのですが、少しの休み時間だったので誰とも時間合わないし、一人でお寿司を食べて、買い物しました(笑)。

 

慣れている港だと一人でお出かけも全然へっちゃらになってきます♪

 

 

https://www.instagram.com/p/BA-I_EcyGtx/

Brings back memories, used to come here with my best friends on my last ship. Feeling nostalgic. #Aruba #oranjestad #caribbean #onehappyisland #cruise #ship #shiplife #travel #seetheworld#アルーバ #カリブ海 #クルーズ #海外 #旅行 #シップライフ #客船

 

 

 

ここ歩くのとっても気持ち良いです♪

 

 

カーニバル時代にも似たような写真撮ってました。

 

https://www.instagram.com/p/3y95n2yGqt/

Aruba!!! Shopping and eating time!!! Spent too much money... Happy though :)! #aruba #caribbean #cruise #ship #shiplife #shopping #travel #アルーバ #カリブ海 #クルーズ #シップライフ #海外 #ショッピング #旅行

 

 

 

カーニバル時代はもっと稼いでいたので、この日は一日で約2000ドル使った・・・!!!

 

豪遊していたわけではありません!

貯めていて、この日に使うぞ!という意気込みでした。懐かしい。もうできない(笑)。

 

 

余談ですが、基本的に、アメリカ船、アメリカ周辺、ショートクルーズは稼げます。

イギリス船やアジア周遊クルーズ、世界一周クルーズなどのロングクルーズは少し難しくなります。

 

完全歩合なので、色々あります(笑)。

 

 

 

まぁ、そんなことはどうでもよくて、ここのアルバはきれいなビーチがあることでもとても有名。

 

なのに、いつもここでしか大きな買い物できないからって後回しにしてきて、結局行けなかったのが心残り。

 

ばかもの。

 

 

人の写真で楽しみました。

 

tabijikan.jp

 

 

きれいなだぁ~!

 

 

 

ここのアルバとキュラソーはカリブ海のオランダ領の島で、カリブ海クルーズの中でも人気の寄港地です。

いつもこの二つの島に行くクルーズは混んでいて、お金持ちのお客様も多いとクルーの間では有名でした(稼ぎ時のクルーズなんです!)。

 

アルバとキュラソーの自然観光も人気ですが、やはりみんな買い物したくなるとこみたい(笑)♪

 

キュラソーについてはこちらをどうぞ↓

 


wellwalk.hatenablog.com

 

 

その他の世界一周クルーズ寄港地についてはこちら↓

 

wellwalk.hatenablog.com

 

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter

避難訓練のおはなし

船で働いている、と言うと

 

「怖くないの?!」

 

という質問をよく受けます。

 

答えは「特に怖くない」です。

 

 

船の中はセキュリティーは一応万全。

カメラは至る所に設置されてますし、セキュリティーが常に見回りにいるし、24時間稼働している部署もあるので誰かしらいる。

 

クルーなので、クルーはなんとなく顔見知り(大きい船だと知らない人もたくさんですが)。

 

お客様もある程度、収入のある方なので生活に困っている人はおらず、盗難事件なども特に聞いたことありません。

 

クルーも、犯罪歴や健康上に問題のある人は働けないし、かなり厳しいチェックがあります。

 

言ってしまえば、陸の生活より安全な気がします。

 

ごく稀に、レイプ被害に遭った、という事件が過去にあったということを聞き、それについてのビデオを研修か何かでみましたが・・・。

 

 

他に怖いことといえば、火事や沈没

 

 

でも私たちは毎週1,2回、ドリル(避難訓練)をしています。

 

 

様々なシチュエーションを想定してのドリル、

一般的な保安事項の確認の研修、

 

そういったことも定期的にありますが、お客様が入れ替わるタイミングで、

24時間以内にドリルをしなければいけないということが海事法で決められており、こちらはお客様も必ず参加しなければなりません!

 

 

ちなみに このドリルのことをSafety Briefingと呼んでいました。 

 

 

こちらの大きな流れとしては、

 

まずブリッジからアナウンスが流れる

クルー、所定の位置に配置(お客様の誘導の為)

お客様もそれぞれの避難場所(予め決められている)へ移動する

万が一の緊急事態に備えて安全についての説明を受ける

解散

(クルーズ楽しもうぜ!Yeah!的な感じで楽しく終わります♪)

 

 

 

実はこれがまた厄介!

 

 

 

まず、ドリル(避難訓練)と聞いただけでちょっと面倒くさいと思ってしまいますよね、人間の心理的にも。

大事なことだとはわかっていても、船に乗り込むまで長旅してきた人もいるし、様々な手続きを終えてほっと一息したい、そんなお疲れの人も多い。

そんな中、避難訓練というかたいお話が・・・。

 

本当、面倒くさいという気になってしまいます。

 

 

そして、緊急事態を想定しての訓練なので、できる限り、実際の状況に近い形で行います。

 

そうするとまず、

 

エレベーターが使えません!

 

これが、エレベーター使えないと苛々する人が多いです(笑)。

人間はとてもlazyになりました!

 

お年寄りや身体の不自由な方は別ですが、若いのにただの食べ過ぎで肥満となってしまった人が、文句を言いながら階段を降りて行きます(降りるだけだろ!と思いますが(笑))

 

上るときにイラッとしちゃうのはまぁわからなくないですけどね。

 

 

上にも書きましたが全員参加なので、以前に同じ船に乗ったことがある人でもその都度必ず!参加しなければなりません!

 

これは法律で決められています。

 

でもそれをわかってくれないお客様も多い・・・。

 

 

一人一人のお客様がきちんとお部屋を出ているか、それぞれの担当のハウスキーパーが一部屋一部屋確認します。

 

気まずいときに開けてしまったこともあるそうですが、規則なので仕方ない、どんな状況でもドリルに出てもらわないといけません(笑)。

 

でも、これをやらないと実際に万が一のことが起こったらパニック状態になることほぼ間違いなし。

 

どこに避難すればいいの?!

とりあえず外に出なきゃー!

子どもはどこー?!

 

想像しただけで恐ろしい。

 

 

実際の緊急時には、以下の流れが一般的。

 

ブリッジからアナウンス

各関連部署が対応

避難が必要と思われる場合、クルーアラート発令し、クルーが各配置につく

お客様が各避難場所に移動(クルーは誘導)

クルーも各避難場所へ

キャプテンの指示でabandon= 船を降りてライフボートなどに移動

 

 

各避難場所は、Master Stationという名前で呼ばれ、

自分がまずどこに避難すれば良いのかを乗船した際に確認します。

 

船によってはとても広く、またそれだけでなく慣れない場所でもあるのでどこに何があるのか、どのようにそこへ行けばいいのか迷子になります。

 

なので、24時間以内に、しっかり自分の避難場所への導線を確認しておくということは自分や家族、大切な人の身を守る上で最低限必要なことでもあります。

 

出港してすぐの初日に何が起こるかわからないですしね!

 

なので、一般的なクルーズ船は出港前にドリルを行い、終わった瞬間にSailing Party(出港パーティー)を行います。

 

 

 

 

もうひとつ!

 

私たちクルーだけのドリル

 

こちらはBoat Drillと呼んでました。

 

ちなみにBoatと入ってますが、クルーが全員毎回毎回ライフボートに入るドリルというわけではありません。

 

これは本当に嫌で嫌で仕方がない。

 

オフの時間とかぶるときもあるので、外に出たいのに出られないというもどかしさ!

 

もちろんtime backといって、その時間分を後でオフの時間としてもらえますが、外に出れる時間にも限りがあったり、予定が上手く合わないとその日一日を無駄にしてしまうことになります。

 

まぁ、旅行で船に乗っているわけではなく、従業員として乗っているので仕方ないといえば仕方ないのですが・・・。

 

これも法律で決められているので仕方ないです。

 

 

そして、2012年のコスタ・コンコルディアの事件後、船の安全管理に対してもとっても厳しくなった(というかそれまでが適当すぎた)と聞いているので、万が一のことを考えると大事なことだなと思います。

 

何が起こるかわからないので、ね!

 

 

あるときの設定では、私とルームメイトの部屋近くのランドリーから煙が出て、なんと!私が

casualty(死傷者)として設定されたこともありました。

 

 

これがその写真(ただの人形です)↓

 

f:id:wellwalk:20170207152234j:image

 

 

 

ルームメイトはこの状況をブリッジに報告し、必要なドアを閉めるなどして安全確保、などなどやらされてました。

 

私(人形)はメディカルチームが来て運ばれてました。

 

そんなこともやってます、私たちクルー。

 

 

 

 

 

そして最後に、Coast Guard(沿岸警備隊)について。

 

国や地域によってはこのCoast Guardのチェックが入ります。

 

 

中でもアメリカのCoast Guardはとっても厳しい!

 

 

私たちクルーたちは、毎週欠かさず避難訓練をしていますが、アメリカの港に寄港する際はどこかで必ずこのCoast Guardのチェックがあります。

 

チェックって?具体的には?ということになりますが、キャプテンやオフィサークラスの保安に直接的に関わるクルーたちは専門的なものがあると思います。

 

私たち他部署の一般的なクルーたちはいつも通り避難訓練をしますが、集合場所などで彼らの質問攻めに合うという・・・。

 

「この船のライフボートの数は?」

「もし迷子の子がいたら君はどうする?」

「火事や煙も見つけたら、どうする?」

「ブリッジの電話番号は?」

 

などなど。

 

当てられないように祈るしかありません()

 

でも、訓練はとても大事です。

 

Coast Guardが来る!と聞いたら、色々な保安情報が書いた紙が改めて配布され、予習・復習をしっかりしてチェックに備えます。

 

 

以上、船の上の避難訓練についての小ネタでした。

 

 

**********************************************************************************************

 ♡Follow me♡

 

instagram.com

 

alice wellwalk (@alice_wellwalk) | Twitter